風鈴あれこれ:TATSUYA

Pocket

風鈴は夏に家の軒下などに吊り下げている用いる小型の鐘鈴で風によって音が鳴る仕組みになってます。

仕組みを説明すると金属やガラスで手のひらに納まるぐらいのおわん方をした外見に口を下にして紐をぶら下げます。

その紐の一部に「舌」と書いて「ぜつ」と呼ばれる小さな部品を取り付け、さらにその先には短冊を付けて風をよく受けれるようにします。

短冊が風を受け、舌を揺らし外見にあたり音が出るのです。

外見と舌の素材で音が大きく左右されますが日本では一般に涼しげな音を表現された音であり。秋を知らせる鈴虫などの虫の泣き声に似てもいます。

冷房のない時代に暑い夏をやり過ごすための日本人が生み出した夏の風物詩の一つです。

風鈴がいつから存在しているかは不明ですが、寺では通常、相輪や堂の軒の四方に「風鐸」(ふうたく)と呼ばれるものが吊り下げられていて、

これらは青銅でできており、強い風が吹くとカランカランというやや鈍い音がします。

強い風は流行病や悪い神をも運んでくると考えられていたことから、邪気除けの意味でつけられており、

この音が聞こえる範囲は聖域であるので災いが起こらないといいました。

先に風鈴の外見と舌の素材で地方独自の風鈴があります。

具体的にあげてみますと、岩手県の伝統工芸「南部鉄器」を使った南部風鈴。

神奈川県の伝統工芸小田原鋳物の砂張(さはり)製の小田原風鈴などの金属製はリーンと長い音が響きます。

次にガラス製は全国にありますが昭和になって名乗りが挙がったのが江戸風鈴ですが琉球ガラス・諏訪ガラス等でも作られており、チリンチリンと短い音が特徴です。

さらに兵庫県姫路市の伝統工芸「明珍火箸(みょうちんひばし)」を風鈴として使う火箸風鈴と言うものがあります。

火鉢や燃えている炭を扱う道具の火箸を二組(四本)の火箸を吊るしてその中央に舌を下げてお互いにぶつかりあう仕組みです。

夏には欠かせないひとつである風鈴ですが元は厄除けの物と長い歴史があるのだとわかりました。

本日の川柳
「風鈴の 風の音聞き 夏思う」

各風鈴は下記、私TATSUYAが記事の参考に個人的に閲覧したサイトを参照ください。南部風鈴
http://www.japanese-doll.biz/jp/item/ironware_22.html

小田原風鈴
http://www.lifeact.jp/kazaoto/fuurin/odawara_fuurin.html

江戸風鈴
http://www.edofurin.com/

火箸風鈴
http://www.e-himeji.com/myochin.htm