秋の味覚「サツマイモ」:南畑TSUTAYA

Pocket

サツマイモは秋のイメージに当てはまる食べ物でよく挙げられます。
サツマイモは別名「甘藷(かんしょ)」と呼ばれており、アサガオに似た花ですが、 ヒルガオ科に属しています。?鈍感な短日性である為、本州などの温帯地域では開花しにくく品種や栽培条件によっては、稀に開花します。
その為にアサガオなどの数種類の近縁(きんえん=生物上の分類で近い関係)植物に接ぎ木して養分や植物ホルモンを送り、うまく開花ささせる技術があります。
花を付けることに対しては特殊な技術は必要ですが、サツマイモ自体のは繁殖能力が大変高い上に、痩せた土地でも育つため初心者でも比較的育てやすく、江戸時代以降に飢え対策として広く栽培されてました。

数枚の葉が付いた茎(さつまいもでは「ツル」と呼称)を土に挿すという形で定植し、不定根を発生させて、?その後、根の一部が十分に肥大したところで収穫する方法が一般的です。?農家では収穫した芋とは別の種芋として収穫します。
収穫した種芋に加温して、その種芋から発芽して伸びたツルを切り取り苗にして、次の収穫へとつなげます。

家庭菜園程度であれば、春に園芸店やホームセンターなどで苗となるツルが売られており、育てる事が出来るのです。?日本における主な産地は鹿児島県、茨城県、千葉県、宮崎県、徳島県が全国のトップ5県。?この5県で全国の8割、中でも鹿児島県は全国の4割を占めています。鹿児島が最も多いのは幾つか理由があります。

まず、水はけの良い火山灰を含んだ土地がサツマイモの栽培に適しており、そのような土が鹿児島に広がっていること。
次にサツマイモは根の部分なので、比較的風害にも強い作物だと言えます、台風がしばしばやってくる鹿児島においては、この風害に強いという点が他の作物よりも有利だったことも挙げられるのです。
サツマイモは60℃程度で長時間加熱すると、デンプンを糖化する酵素が働いて甘味が増し、石焼き芋やふかし芋はこの性質により甘味を最大限引き出す調理法で、?また天ぷら、スイートポテトや大学イモ、キントン、スナック菓子、干し芋などに加工されてます。
さらに若い茎と葉も煮れば食用となり、煮物や甘露煮などにして食べる事もあるのです。

今の季節が旬であるサツマイモ、一度は食べておきたいです。

以下のアドレスにて詳細が詳しく書かれております。
参照サイト
http://www.maff.go.jp/j/agri_school/a_tanken/satu/02.html
サツマイモの美味しい時期(参照サイト)
http://allabout.co.jp/gm/gc/15178/