山脇淳司(やまわき じゅんじ)

株式会社テクノアート 代表取締役社長

兵庫県川西市在住
昭和46年5月18日生まれ 

専門学校にて初級CAD製図、システムエンジニアの教習課程を修了。

平成2年テクノアートへ入社し、現会長の元、アナログハンドワークからデジタル化への開発に着手。

独学でNEXTSTEP,Linax,WindowsOS,MacOSを学ぶなど、デジタル化の黎明期を牽引し、試行錯誤の中でApple Computer+Adobe Illustratorをデジタル化の基本ツールとして選択する。

以来、社内ネットワークは元より全社システムの構築及び管理を行い、テクニカルイラスト作図、DTPツール、設計ツール、3DCGやアニメーションのグラフィックツールなど、アプリケーション導入検討から検証及び実務での効率化など多岐に渡る活躍を見せる。

特に3DCADを活用したテクニカルイラストの作図に於いては、主要取引先であるダイハツ工業から高い評価を得る功績となり、親会社であるトヨタ自動車社を初め各メーカーの担当者が見学に訪れる。

また、地図出版社の昭文社からデジタル化の開発を依頼され、アナログフィルム製版からデジタル製版の礎を築き、昭文社から絶大な信頼を得た。

現在は会長の下、経営者としての基本を学び、テクノアートの第2次成長期を築かんと陣頭指揮に当たる。

趣味:釣り(筏にてチヌ釣り)