構図:マグナムKENJI♪

Pocket

みなさんは構図と聞いて何を思い描くでしょうか。
色んな場面で聞く言葉かもしれません。

私が最初の連想したのは趣味の影響があるのかもしれませんが写真です。

写真には、さまざまな設定があり、撮影時の天候などに影響し、同じ場所で撮影しても前回の写真とは微妙に違いが出ます。その瞬間を写真にするのが写真の醍醐味ではないでしょうか。

高い金額を出して、性能の良いカメラで撮影すれば良い写真が撮れるわけではありません。

性能の違いから、キレイに撮影できる、できないはあると思いますが、むしろ撮影する時の構図が大切だと思います。

もちろん前提でカメラの知識は必要ですし、ある程度性能の良いレンズなどは必要なのかもしれませんが、撮影したい場面の構図をイメージ出来るか、できないかで大きな違いが生まれます。同じような風景写真でも評価に違いがあるのは構図をイメージ出来るセンスの違いからではないでしょうか。

一つ花や植物を入れる、入れないで好みが別れるほど写真の構図は難しいのです。ですが、逆にファインダー越しから構図を考えて撮影するのがカメラの楽しみの一つでもあると思います。

今回はカメラの構図についてお話しましたが、最後に現在自分が携わっているイラストの構図についても考えてみました。写真でもそうですが、自分の考えではなく、見てる側から構図を考えることが大切なのではないでしょうか。イラストの角度でも見せ方で色んな表現があります。

真横からイラストにすると、部品全体のイメージがわかりにくい場合は、同じ形状でもイラストの見せ方を変えるだけで形状が理解しやすくなります。

専門的な人にしかわからないような構図でイラストにしても良いイラストとは言えないと思います。多少下手なイラストでも誰か見てもわかりやすい構図で書いたイラストの方が良いイラストと言えるのではないでしょうか。(※下手なイラストと自覚していて提供しているわけは有りません)

作業前に全体の構図がイメージ出来るぐらい余裕をもって作業出来ればなと思います。

だから〜余裕が無い事を言い訳にしているわけでは有りませんってば!

2012年4月16日
製作本部 テクニカルドキュメントグループ
マグナムKENJI♪

[youtube]http://youtu.be/gB0z3SZSofg[/youtube]