言葉が紡ぐデザインの物語 – スタッフの心遣いが生んだ感動の裏側

デザインは目に見える形でしか語られないと思っていませんか?しかし、言葉もまた、デザインの魅力を際立たせる絶妙なスパイスになり得るのです。私たちの普段の業務で、スタッフ一人ひとりが心を込めたライティングによってデザイン作品の物語が生まれ、その裏には予想もしなかった感動が隠されていました。

スタッフの想いが綴じ込められた言葉たち

制作会社やデザイン事務所のホームページには数々のデザイン作品が並んでいますが、ある日ふと気付きました。スタッフが作品ごとに綴った細やかなコメントが、ただの説明文を超えた何か特別なものを醸し出しているのです。これらの言葉は、指示されたものではなく、作品への深い理解と愛情から生まれたものでした。

作品に新たな命を吹き込む補足事項

デザインが完成した瞬間、それはもう一つの物語を始めます。スタッフは作品の見える美しさを超え、そのコンセプトや作成過程に隠された物語を読者に伝えるための補足事項を添えました。これらの小さな物語は作品に新たな命を吹き込み、見る者の心に深く響く感動を与えています。

予期せぬ才能の発見

どのスタッフも元々はデザイナーやディレクターとしての役割に集中していました。しかし、彼らが書き記した言葉を通じて、それぞれに隠れたライティングの才能が明らかになったのです。この意外な才能の発見により、チームの中の新たなクリエイティブな力が解放されました。

顧客との深い絆を築く心遣い

単にデザインを提供するだけでなく、それぞれのスタッフが自分の言葉で作品を語ることで、顧客との間には理解と信頼の絆が生まれます。私たちのチームが共有する熱意と丁寧な心遣いは、顧客にとって重要な価値を生み出す要素となっています。

言葉に宿る思いやりが織りなす感動

今回私が目の当たりにしたのは、デザインを通じて伝わるスタッフの熱意や思いやりです。これらは予期せずに見出された才能と、製品だけでなくサービスそのものに対する深い愛情から生まれたものであり、単なるビジネスを超えた、人と人との結びつきを感じさせます。言葉が紡ぐデザインの物語は、私の心を掴んで離しません。

2024年1月31日
企画営業部
川ノ内カツシ


テクニカルイラスト | CG | WEB開発
マニュアル制作 | 地図編集
株式会社テクノアート
大阪府 池田市

WEBデザインの雑学:知っておくべきデザインと心理の結びつき by川ノ内カツシ

WEBデザインが私たちの行動や感情にどのように影響を及ぼすか、ご存じですか?実は、色彩やレイアウト、フォントの選択一つ取っても、私たちの心理に深く作用しているのです。この記事では、WEBデザインにまつわる興味深い雑学を通じて、デザインと心理の密接な関係性に迫ります。あなたのウェブサイトがユーザーに与える印象を左右する、

“WEBデザインの雑学:知っておくべきデザインと心理の結びつき by川ノ内カツシ” の続きを読む

テクニカルドキュメントデザイナーのキャリアパス:継続雇用と独立の未来展望 by川ノ内カツシ

テクニカルドキュメントデザイナーとしてのキャリアパスは、継続雇用と独立の二つの道が広がっています。どちらを選ぶことで将来の展望がどう変わるのか探ってみました。

テクニカルライター
テクニカルライターとしてのキャリアパスは、専門知識と伝える能力を高めることが重要だと考えます。雇用では、チーム内での昇進やリーダーシップの道があります。一方、

“テクニカルドキュメントデザイナーのキャリアパス:継続雇用と独立の未来展望 by川ノ内カツシ” の続きを読む

AIの活用と生き残り by川ノ内カツシ

日々進化を遂げるAIに、枯渇していたブログの記事を書いて貰った。今回はBardに以下の依頼を投げた。

AIとテクニカルコミュニケーターが今後どのように関わっていくのか、WEBサイトに掲載するブログ記事を書いてください。特にテクニカルイラストレーターに焦点を当てて欲しいです。

“AIの活用と生き残り by川ノ内カツシ” の続きを読む

モチベーションを上げる2023年 by川ノ内カツシ

新年明けましておめでとうございます。
2023年は1月6日から通常営業しておりますので、変わらずご愛顧のほどお願い申しげます。

昨年も新型コロナに終始し、国内外の情勢が日本経済に大きく影響した一年でした。
ウイズコロナに近付きつつあるものの、国内では先が見えない景気低迷に少子化問題は待ったなし、そこへ今年はインボイス制度と電子帳簿保存法への対応など、中々どうしてコロナだけじゃない混乱ぶりが見えます。 世界へ目を向けると終わりが見えないロシア・ウクライナ情勢が、半導体不足や部品供給の混乱、エネルギー資源の高騰など様々な影響を及ぼしており、日本企業も大打撃を受けている中ですが、我々中小企業は今出来る事をしっかりやるしか有りません。

“モチベーションを上げる2023年 by川ノ内カツシ” の続きを読む

DCシンポジウム2022 聴講リポート-6

サービスマニュアル制作者を育てる
~技術的知識の習得と技術の伝承~

まず、毎年開催されていたテクニカルコミュニケーション(TC)シンポジウムの名称から、今年は「コミュニケーションデザイン(CD)シンポジウム」と名称が変わり、各セクションの内容も人と人を繋ぐ「コミュニケーション力」や、「伝え方」などに、より要点をまとめた内容となっていました。

“DCシンポジウム2022 聴講リポート-6” の続きを読む

DCシンポジウム2022 聴講リポート-5

質問力を磨き、情報を整理する手法
~相手の思いを引き出し、企画/提案に繋げる~

セッションの内容

「質問力を磨き、情報を整理する手法を学び、新たな企画/提案を生み出す動きに繋げる」という企画意図に基づき、三名のパネリストより、下記テーマでのお話を伺いました。

“DCシンポジウム2022 聴講リポート-5” の続きを読む