中間生成物の扱いについて:川内カツシ

ジタル化されて久しい頃から問題(トラブルも)になる事が多かったです。

刷物の制作を受注した場合、アナログの版下作成時代もデジタル化された今も版下やソースデータの提供を求められる事は少ないですが、データ作成のみ受注した場合はソースデータを求めたり求められたりしました。。。

“中間生成物の扱いについて:川内カツシ” の続きを読む

地理情報と私たちの生活:MApNAB(MANABU)

地理情報とは簡単に言えば、地図の上に様々な情報を載せたものです。

  • 少しアバウトすぎましたが、例えば、天気予報図も本当は地上天気図という白図の上に等圧線や寒冷前線などの前線名や高気圧・低気圧などが記載されたものがあります。
実況天気図 – 日本気象協会

“地理情報と私たちの生活:MApNAB(MANABU)” の続きを読む

テクノアートからの可能性:マグナムKENJI

お久しぶりです。記事を書かせていただきます岩見です。

来月からは4月ですが、みなさんは4月に対する印象は何をお持ちでしょうか。

「新生活の始まり」、「新入社員」、「新しい学校生活」、「お花見」、色んな印象があると思います。 “テクノアートからの可能性:マグナムKENJI” の続きを読む

アール・ブリュットに魂のアウトプットを学ぶ:グチケン

今回、記事を書かせていただきます、制作1課の山口です。
最近興味をもったことを書きたいと思います。

早速ですが「アールブリュット」という言葉をご存知でしょうか?

私は、NHKの番組『バリバラ』で施設で創作活動を続ける人達の特集や、ETVの「人知れず 表現し続ける者たち」という回を見て『アール・ブリュット』いう言葉を知りました。 “アール・ブリュットに魂のアウトプットを学ぶ:グチケン” の続きを読む

良くも悪くも現実として受け入れると言う事:YUK♪KO

いただいた「理想と現実」というテーマについて考えた時、公開と同時に観に行った映画「LA LA LAND」という作品が思い浮かんだ。

映画が公開される前に宣伝映像を見て、登場人物がミュージカル風に踊っている様子が楽しそうで、明るい気持ちになれそうだと感じ、見てみたいと思っていた。

“良くも悪くも現実として受け入れると言う事:YUK♪KO” の続きを読む