東京都はおよそ東京ドーム5万個分の大きさ@MAPNAB

地図上で大きな指標となるものに「大きさ」や「長さ」があります。

当たり前ですが地図には必ず縮尺が表記されています。縮尺1/1だと、ただの現実世界の大きさそのものですから。

例えば縮尺1/10000では地図上の1cmが現実の100mとなり、これを基におおよその長さがつかめるようにになっています。

大きさではよく使われるものに「東京ドーム○個分」というものがあります。

正直行ったこともないので、これが「東京ドーム1個分」と同じぐらいだ、と言われても実感はわきません。

調べると東京ドームは約4.7ヘクタール(1ヘクタールは100m×100m)。

そもそも1ヘクタールを近場の大きな公園とかと比較してもかなり大きい。東京ドームだと大体216m×216m、さらにでかい。

実感はなくてもなるほど「大きさ」の指標でトップを走るものは格が違います。

次に「長さ」ですが、こちらは体感的に100mはあれぐらい、30cmはこんなものと実感しやすいです。生活していると服や靴のサイズ、間取り、など長さは必要になってくるからです。

それから考えると「高さ」は低いものだと実感しやすいですが、より高くなってくるとやはり分かりづらい。

よく言われるのが「東京タワー(333m)」、や「富士山(3776m)」ですが、前者はやはり登ったことがない、後者ももちろんないです。

東京タワーは展望台まで行けば高いことが実感できるでしょう。が、建設当時と比べて、そこまで感慨深くないかもしれません。現在では周辺に高層ビルが立ち並んでいますから。

例えば、あべのハルカスが横にあれば意外に高くないと思われそうです。

高層ビルの高さといえば有名なのが「ゴジラの身長」です。

初代ゴジラは当初50mでしたが(当時は建築基準法で建物の高さは31m以下と決められていた)、高層ビルがどんどん高くなったため、それを上回るように80m、100mとなり、シン・ゴジラでは118mの身長となっています。

これは高層ビルより低いと怪獣として迫力がなくなるためだそうです。

昭和世代なのでゴジラに愛着ある身としては、例えばウォーキングの際は1万歩ではなく、

ゴジラ100頭分のほうが実感はなくとも楽しそうです。シン・ゴジラだと長すぎるので、初代ゴジラ100頭分ぐらいがよさそう。

(怪獣の単位は一頭でよいのかな。ウルトラマンの怪獣は1体だったような気がする)

寄稿:MAPNAB

テクニカルコミュニケーション シンポジウム2017 京都開催:川内カツシ

10月4日―6日までの間、京都リサーチパークに於いて

【テクニカルコミュニケーション シンポジウム2017 京都】が開催されました。

テーマは「TCのチカラで高める、日本のプレゼンス」です。 “テクニカルコミュニケーション シンポジウム2017 京都開催:川内カツシ” の続きを読む

モノの言い方:川内カツシ

私たちは日々会話やインターネットを介したWEBサイトやブログ、メールやSNSなど様々な手法で人とコミュニケーションを行っています。

意思や感情表現に便利なスタンプと言うツールは時として便利で私もLINEやFacebook等で使用する機会が多いです。※LINEでは毎日使用しますが。。。

“モノの言い方:川内カツシ” の続きを読む

中間生成物の扱いについて:川内カツシ

ジタル化されて久しい頃から問題(トラブルも)になる事が多かったです。

刷物の制作を受注した場合、アナログの版下作成時代もデジタル化された今も版下やソースデータの提供を求められる事は少ないですが、データ作成のみ受注した場合はソースデータを求めたり求められたりしました。。。

“中間生成物の扱いについて:川内カツシ” の続きを読む